僕は床に傷なんかつけていないのに・・・。退去する時に現状復帰(賠償?)しろとは・・・。

僕は転勤で2007年に福岡に引っ越しをしました。その時、マンションは人間関係とかが嫌だったので、一戸建てを借りたのです。その家は海に近くてなかなか風情のある一戸建てで僕は一発で気に入りました。その一戸建ての仲介不動産屋の担当の人もなかなか感じが良く、借りている間もたまに顔を出して、「困っていること、ない?あったらなんでも言ってね」という心温まる言葉をかけてくれたりして、本当に良い不動産屋だな、なんて僕も思っていたのです。
けれど、事件はその一戸建てを出る時に起こりました。僕は会社から東京への異動の辞令を受け取り、福岡を離れることになったのです。福岡には4年も住んでいました。ですから引っ越しの当日はなんだか後ろ髪が引かれるようで、とてもさみしい気持ちでいたのです。引っ越し屋さんが全ての荷物を運び出し、鍵を不動産屋に返す時が来ました。その時、不動産屋は家の中をいろいろと点検しています。僕も家族も借りていた一戸建ては本当に綺麗に使っていました。それこそ、借りている家ですので傷をつけてはいけないといつも気を付けていたのです。けれども、家の中の点検が終わった不動産屋は僕にあり得ない一言を告げてきました。玄関の床板にひどい傷が付いている。この部分の修理代は賠償してもらうと言うのです。その傷は僕が付けたものではありません。僕がこの家に引っ越しをしてきた当時から既に付いていたものです。僕は不動産屋にそう告げました。だから僕には賠償の義務はないし、そもそも、僕が付けた傷だとしても日常の使用で付いてしまうものは賠償の義務はないはずと僕は主張したのです。その一戸建てを借りている時はとても優しい不動産屋でしたが、退去すると決まってからはその態度は一変しました。そして不動産屋は、僕の言った事に対して言葉尻を捉えるような事を逆に言ってきました。あたかも僕が自分で傷を付けたことを認めているというのです。もう、こうなると何を言ってもお互いに水掛け論です。僕は自分が入っている火災保険の保険会社に電話をして借りている一戸建てに傷をつけた場合の賠償責任保険を使いたい旨、話をしました。結果、不動産屋が求める修理代は保険から払ってもらうことが出来ました。
けれども、保険金が払われるには示談書というものを交わさないといけません。そこには僕が不動産屋に迷惑をかけて、その賠償金を払うという事が書かれています。つまり自分が悪いと認めている文書なのです。その文書に僕はサインをしながら心の中で呟きました。
それでも僕は傷を付けてない!不動産屋なんて大っ嫌いだ!

タイトルとURLをコピーしました